Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

キミの名は?

2 Comments »

蔓草なんですが・・・

ひと月前、スーパーの生垣にわさわさ咲いてた花。
(生垣は柊だったので柊の花ではない)

しげしげと眺めていたら、ほんのり甘い香り。
スイカズラかと思ったんだけど、花の形違うしなー・・・

三十年の過去を見るか今を見るか

No Comments »

スーパースージー誌上において発行人である二階堂裕さんが随筆する「ジムニーロード」は、幾多のジムニー関連記事を読み飛ばしていても(おいおい、この雑誌でそれやったらどこ読んでんだよ)必ず拝読しているページですが、ここには時々、エスクードに関するコラムも登場します。二階堂さんがスズキ在籍時代にエスクードの開発に携わったことは周知の話なので置いといて、携わったからこそその方向性に柱も芯もあるというのは今も変わらないし、変わってはならないことです。

その視点でエスクード30年目の幕開けに繰り出してきたのは、開発にあたって意識したのが三菱パジェロであったというエピソードです。それは聞いたことが無かった。が、「ジムニー乗りが次にほしくなる四駆」と唱えていらした目標値にパジェロ(初代)を据えていたのはちょっと微笑ましいというか、嬉しいところがあります。かくしてジムニー以上パジェロ未満(性能ではなく、排気量などの車格のこと)が誕生し、あろうことかそのニッチな市場を一大マーケットに押し上げ、混迷するSUV時代の呼び水にしてしまった。

その功罪(笑)は、意外に知られていないけれど無視できない歴史でもありましょう。そしてエスクードごときでもこういう逸話を語れるのは、過去が風化したからともいえるし、エスクードというブランドがなんだかんだと30年続いているところにもポイントがあると思います。ただし二階堂さんは、柱と芯の立場から、エスクードが代を重ねるごとに乗用車化しパジェロの轍を踏みつつあると憂えています。氏の立ち位置から言えば、それは生みの親として、4輪駆動車の愛好家として、看過しがたい現実を指摘するものでしょう。

氏は「当事者ほど誤りに気付いていない」と唱えるのですが、ここに歴史の流れがあるとも思います。少なくともプラットホームの変わってしまった四代目エスクードは、三代目以上に別物と言わざるを得ませんが、それでも混迷のクロスオーバーSUV世界でエスクードの看板を背負う以上、市場が求める声にエスクードとして応えたということ。以前も書きましたが、市場というフロンティアに挑み続けているブランドでもあるのです。

そこに罪があるかどうかは、見つめるものの視点で異なるはずです。開発者の持論は真摯に受け止めるとしても、愛好家の側は、だからといってそこでエスクードの系譜を断絶させることはしないよ。と言わねばなりません。そのための通過点という意味も、三十周年にはあるのではないかと思っています。

まー肩の力は抜かんとなあ、ですね。

 

ところで

ジムニーの記事なんか云々と書いておりますが、今号、デファレンシャルについての解説記事が組まれています。これは古いエスクードに乗っている側にとっては参考になります。