Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

そんで埼玉

No Comments »

神奈川あたりじゃ休館日だというのにジムニー歴史館で館長に案内をさせるとか、廃盤になっていたはずのジムニー用カスタムリアバンパーを「じゃあ少数生産で作ります」と某専門店社長を動かすとか、噂(いやどちらもホントの話よ)の絶えない新帝国WANIの猛威ですが、いつの間にか埼玉県にもその橋頭保を打ち立てておりました。すっかり広告塔の一部に収まっているではありませんか(というか、新しいサイトの存在知らなかったよ)

これはじきに荒川を越えて、新月さんとこの会社に姿を現すのも時間の問題かもしれない。そうなると利根川防衛ライン、小貝川絶対防衛線もうかうかとしていられません。それらを渡られてAセットのあの店とか天丼のあそことかにやって来るようになれば、つくばーど基地に王手をかけられるのも絵空事ではなくなります。

が、当の基地においては・・・

「いつ来るかなー。わくわくだねー」

「まあいつも威力偵察で桶川止まりだけどな~」

「だめだこれは。すっかり油断してる」

妙高高原 来週末(22日いっぱい)で受付閉めます

No Comments »

宿に宿泊人数を知らせる都合上、つくばーど®in妙高高原17の参加受付は22日いっぱいで閉めます。

今のところ参加人数三名(とほほ)

さて今回、新たにクレープかガレットを食えるお店にご案内します。初日になるか翌日になるかは考え中です。初日に林道が無い場合はここで集合の線もあります。

まそれより、参加のご検討から決断をよろしくお願いします。

 

で、泣きを入れたら参加のご連絡を何人かからいただけました(よかったよかった)

と、ほっとしていたらば

「赴任地からだと家からよりも近いんで、休めたら行こうかと」

「ふ・・・フィガロでか! 林道入る気かっ?」

「だってクレープ美味しそうなんだもん」

6月になりました!てことで妙高の話題

No Comments »

参加者を募っております7月13から14日にかけての「つくばーど®in妙高高原17」について、のほほんとしていて梃入れしないのでは忘れられるという懸念でアピールする記事なのですが・・・

長野県小谷村観光連盟によりますと、「妙高小谷線については新潟県妙高市との協議により、7月15日に開通の予定」とのこと。

なんでーっ、それ連休最終日じゃん!

なんとも・・・たぶん連休中の交通量増大を避けようという意図からなのでしょう。それは理解できるのだけれど、あんまりだわーっ

ところがですよ。妙高市に尋ねたところ「そんな協議はしておりませんよ。今の状況は乙見隧道手前の切り通し区間に強固な吹き溜まりがあって、これを除雪するのにかなりの時間を要します。いつ通れるかという話題を載せられません」だそうです。

さて困った。笹ヶ峰までは県道なので既に通れることと、よく折り返し地点にしている杉野沢橋までは除雪完了するということですが、同時に倒木の撤去なども必要なので、橋まで行けるかどうかの確率は五分五分のようです。

という爆下がりの報告をせねばならないとは。このことから、林道ツーリングを行うには、妙高小谷線が杉野沢橋まですら通れない場合に限り、長野県側の何処かを選択する必要が出てきました。その場合は当日の集合地点も変わっていくので、これから地元のきうさんやふっじいさんと相談のうえ、プランを組み直していきます。

 

いたんですよ! 和邇さんの手記077

2 Comments »

昨日 見かけたレンタカーナンバーの1600ノマド。とっさのことでカメラ機能を起動させるのに手間取りました(笑)

全然 判別できない(笑)

ノマドだということはだいたいわかりますが、初代が現役でレンタカーとして使われていることに驚きです。

30年の軌跡

2 Comments »

ワンオーナーのまま長く走らせたクルマは、「となりの妖怪さん」的に見ればツクモ神と呼んでも差し支えないと感じました。26万キロの道のりを、クロさんはただ一人の所有者として旅してきたのです。エンジンは軽快に回っていますし、五速のミッションも小気味よく入る。でも、補機類の各部が故障しており、運転席の窓も開きません。たぶん、それらは部品が出てくれば、究極には出なかったとしても直せなくはないでしょう。

そこがこの数年の彼女の悩みでした。考え抜いた末の、TA01Wを退役させる決断です。奇しくもこの初代エスクードの任意保険満了が、2024年5月25日夕刻。スズキエスクード36年目の誕生日でした。

風は穏やかで湿度も低く5月らしい日和の午後、お疲れ様のお祓いを受け、「そんなに長く愛されているんですねえ」と目を細める参拝客にも見守られて、本当のラストツーリングに出かけていきます。

フィガロの昨今 021

8 Comments »

部品が出ないぞと悩まされていたにもかかわらず、主治医は突貫でフィガロの修理を完了させてくれました(あと=中断しているBLUEらすかるΩのこと=がつかえてんだ、という我が家の事情は内緒)

結局ウォーターポンプとタイミングベルト、ベルトテンショナーの交換に及び、付随するОリングやらホースやらシールやらガスケット、パッキン類は一部「たぶんこれ使えるよね」という似たようなやつを調達してもらいました。

「というわけで諭吉6人と右半身を支払ってきた」

「自動車税も立て替えてるから諭吉さんは10人です」

うっ、まずい。Ωの追加パーツも別途あるんだよ・・・

とか内輪で馬鹿なことをやっていたら、霙からメールに添付された身の毛もよだつ写真が・・・

「幌車のドアノブ壊れました!」

・・・・・

壊すなよ部品出ないんだよっ

 

それにしても我が家のエスクードでは初の事例です。初代じゃ有名な壊れ現象なんですが、ぷらすBLUEはラインアウトから33年目と、なかなか頑張ってくれていました。

部品出なかったらsuuuさんのやり方で直すしかないな。

そして20年

4 Comments »

突如、四国在住のCyberKさんから電話があり、「ラジエターが破損して修理見積もさることながら期間が長くかかりそうで、修理を諦めて家族向けの車に乗り換えることにしました」と、驚きの報。彼自身はもっと心中痛い思いをしているものと感じましたが、あちこちの四代目中古車をあたってみたもののやはり価格よりも手元に来るまでの日数がかかり、暮らしに支障が出ると断腸の決断でした。

 

Kさんは2004年夏のつくばーど®in岩間に、当時乗っていたグランドエスクードでやって来ました。あの頃、この移動距離をこなしてくる人はなかなかいませんでした。それを何度かやってのけ、2011年には震災直後の石巻にてお互い仕事の場として再会するなど、なにかと縁のあるエスクード乗りです。そうか20年か。でもこの20年はひと区切りでしょう。乗り換えで去る人もいますが、僕はここにいますから。

フィガロの昨今 020

2 Comments »

「車検のときに気がつかなかったんですかねえ」

前回はATFの漏れでしたが今度はクーラントがどこからか流出しているらしく、連休中はお店にも預けられなかったのでまたしてもぷらすBLUEと交代するために一時帰宅してきた霙。確かに車検明け1か月もしていませんからご立腹です。

「でもなあ、そういう年式のクルマなんだよ」

「それは承知の上ですけどね、同い年の幌車は今度来たΩより調子いいじゃないですか」

まあねえ、ターボ車じゃないしシングルカムだし足回りの耐衝撃性能は四駆の方が上だし。ただ一つ言えるのは、冬の間に乗っていた霙の運転が丁寧だったから、ぷらすBLUEのエンジンは好調なのです。

多分フィガロも同様の運転をしているはずなんですが、クーラントだけでなくパワステフルードも滲み出ていたりするので、いつ何が起きても不思議ではなさそう。案の定、クーラントはウォーターポンプ周りからの流出で、ありがちな修理(つまり部品が出ない)となるわけです。さてマーチ初代の頃の部品は見つけられるのか? それにつけても主治医は現在2号車の整備もやってくれているので申し訳なくも八面六臂です。

気分はもう烈車戦隊

5 Comments »

細かい話をすると、「すっかり」を入れるとたがみよしひささん、入れなければ大友克洋さんなんですがまあどうでもいい話です。まずわかる人がおらん。

先日の天狗の森で偶然の配置でこうなった、意外にポップじゃないかの3台。ハスラーが霰のヤマタノオジロ(赤)だったら「太陽戦隊」とか「忍風戦隊」と言えたんですが和邇さん(のお嬢の)蓮田さんはオレンジ。そんな組み合わせのスーパー戦隊いたっけか?

いるんですよこれが。

烈車戦隊のトッキュウ2号(ブルー)、3号(イエロー)、6号(オレンジ)。実にうまくマッチしたもんです。ザブングルとウォーカーギャリアよりもぴったりおさまってます。だけどクロさんも和邇さんも「烈車戦隊トッキュウジャー」なんて知らんだろうなあ。

ところで天狗の森からの帰り道、クロさんの「えすくん」(仮名)は走り出してから1000kmを刻んだそうです。けっこう速いペース。それとともに平均燃費が良いなあと思わされました。やはりMTならではの軽さなんでしょう。だけど、近似値としてTA01RぷらすBLUEを上げると、4ATで重量は1040kgと、シエラの5MTより30kgほど軽いんですよねえ。この数字はうちの幌エスクではなかなか出せません。クロさんは早くも「えすくん」を使いこなしているってことですね。

つくばーど®inらいとにんぐ天狗の森02

2 Comments »

諸事情によりESCLEVのステッカーをみたび作りまして、どうせ作るならぼちぼち劣化してきた人や新規に欲しいという人のためにも、少数ながら量産しちゃえと38枚分(こう書くとなんて半端なんだと思います)無償配布します。おひとり様2枚分けるので、早い者勝ち限定16組という少数もいい加減にしろな条件ですが、はてさてそんなもんのために天狗の森まで来てくれる人はいるのだろうか? てことで本日10時、開催です。

ATAGO FORESTHOUSEは午前9時に開店します。公園大駐車場は無料となっていますが、最近進入ルートが一方通行化されましたので、時計回りに入場願います。日曜日で多少混雑していると思われます。当日、ひょっとすると謎のドッペルゲンガーを見かけることができるかもしれません(なんだその訳のわからん釣り玉は)

いまのところ、青影さんとSPFYOさんが来てくれる予定です。郵送希望者は無いので、うちのステッカーなんて知名度も何も無いのよという事実を再認識しただけです。と、思っていたらKawaさん、おいたマンさん、新月さんと風花さん、クロさん、和邇さん、TA01Wさんがコンタクトしてきてくれてありがたいこととなっております。

ところでこの連休中、FORESTHOUSEでは新たに和風きんぴらキーマカレーが登場しました。11時から14時まで、現時点では1日10食までだそうです。

クロさんは既にJB74Wを手に入れています。彼女の中では「これは衣替えしたTA01Wなのです」という新しい考え方。それならばもうオープンにしちゃいなさいよとお呼び立てしました。要するに「ザブングルの主役交代を促したウォーカーギャリア」を再現したかったという(シエラの車体色はウォーカーギャリアとは違いますけど)、そんなことで貴重なお披露目機会を使っちゃっていいのか?な「つくばーど®inらいとにんぐ天狗の森02」はスタートです。

で、2台のザブングルとウォーカーギャリアのつもりですが、いくらかグリーンが入っているもののさすがにキネティックイエローのシエラをギャリアと呼べるかどうかは審議。

ただですね、ノーマル車高なのにBLUEらすかるのボンネットラインよりも高いという恐るべしシエラ。うちのだってけっこう上げてあるんですよ。

ここまで長くなったので、当日の様子はこちらへ

そして拾遺

帰りに、ひとりらいとにんぐつ◯ばーど… カフェは、もう閉まってた…orz

 

ああっ、すいませんすいませんすいませんっ!(勝手に写真も持ってきてしまってすいませんっ)