Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

まあ100キロは遠回りになるんですが

No Comments »

常識で考えれば、妙高からの帰路は上信越道で藤岡ジャンクションを目指すのが普通ですが、いやなんですよ小諸からの長ーい登坂と、碓氷峠区間の混雑なのにハイスピードぶりが。さらに糸魚川あたりに行きつけの蕎麦屋があるからそっちに出かけていたりすると、帰路の北陸道は長岡まわりの関越経由になっていくのです。妙高から走ってもつくばーど基地までは藤岡まわりより100キロ長くなります。糸魚川がなければ飯山から千曲川、信濃川、清津川に沿ってショートカットしますが。

夏場の暑さを回避するなら志賀高原ルートなんですけど、たぶん混んでるよねえということでそちらには行かず、毎度帰宅ルートは淡々と走る感じです。ただこの関越までショートカットルートは、意外と昼飯スポットに恵まれない泣きどころもあります。

まあいいや。BLUEらすかるのオドメータを少しでも稼ぐという命題がありますから。帰宅してばてていなかったらつくばーど®in妙高高原17ほかのリポート作成を開始します。

参加された皆様、お疲れ様です。来られなかった方々、次回またどこかでお誘いさせていただきます。

Do you have any holidays in July?

No Comments »

七夕が過ぎて夏の扉は全開放です。今週末に海の日の重なる連休が巡ってくるのはありがたいことですが、「何それどこの国の話?」というご多忙の方もいらっしゃることと思われます。お察しいたします。

お休みのあるなしに関わらず暑さは右肩上がりの時期です。夏の日差しは嬉しいものですが油断もならないリスクと背中合わせ。夏バテ要因の蓄積もこれからです。元気よく夏を乗り切れますようご祈念いたします。

 

I remember the night

No Comments »

ガス燈が灯るまで留まっていては仕事になりませんので早々に退散しまして、まあそのおかげで大雨と追いかけっこしながらも土砂降りには見舞われずに戻ってこられました。どこの関東が梅雨入りだよなんて毒づいたせいで罰が当たったのかも。

この天候では撮影(仕事です)にならないので、後日また出直してくることになります。柳ジョージさんが本牧の今昔を嘆くように書いたのが2010年頃だから、現在だったらもっと変わっているんでしょう。少なくとも埠頭は様変わりしています。

虚像の行進

No Comments »

地方の高速道路で時速100キロ超過の割り込みをしてきやがる輩に対して、首都高での渋滞時にジャンクションの離合においてはほぼみんな(ほぼ、です)ウインカーを出しつつ「こちらの鼻面ではなく、その前にいる車両のおしりに寄せていく」し、そのアプローチを受けたらだいたいみんな(だいたい、です)譲るという不文律の成立。それでもトラフィックの圧倒的な数の違いから、事故のニュースは首都高の方が多い。周囲にいるのは決して虚像じゃないと思わねばなりません。

そんなとこで写真なんか撮ってんじゃねーよと自ら突っ込み入れます。前方数十メートル先の事故によって停滞してしまってました。←でもそれ言い訳

 

全線開通55年

No Comments »

伊豆半島の付け根・・・と言ったらちょっと大げさになるかもしれませんが、箱根の山を回避して海側から進むか山側を行くかでルートを眺めると、東名高速道路は山間部を走っているようでも案外合理的な線形をしています。この区間、御殿場から大井松田に至る約43キロが、東名高速道路建設の最終工区で、1969年5月26日に開通し、愛知県と東京都を結ぶ約 347キロの東名全線が完成しています(自分の撮った写真の順序で愛知からの書き方になってます)

今では新東名もどんどん開通区間が増えつつあるので、いずれは東名川の渋滞や混雑もいくらかは解消への期待をしますが、ラジオの交通情報を聞くと、横浜町田から大井松田あたりの事故や渋滞はしょっちゅうだなあとも思わされます。御殿場あたりまでは仕事で出かけるので、めんどくさくなるとあちこちの街道にトラバースしてしまいます。でも平日の日中、この区間の混雑はそれほどでないという体感もあり、どこで降りて東京を回避するかが最終的な思案のしどころになります。

遭遇中。

2 Comments »

アトランティスターコイズパールメタリック(長い)

外回り中の新月サンから送られてきた写真。
この青もカワセミみたいで綺麗なんだよねー。
エスクードに遭遇するのって珍しい事で
(乗ってる本人が言うな・・・)

 

入道はまだ寝ているようです

入道はまだ寝ているようです はコメントを受け付けていません

ずーっと東の空に入道が寝ているような気がして、でもこんな季節だからまだまだ起き上がるには早かろうと思いまして。

現実的な話をすれば、入道雲と呼ばれるのは雄大積雲で上空一万mを越えて発達します。ここに寝そべっているのは高層雲よりも低いところにありそうなので、層積雲の類なのでしょう。

俗に言う入道雲は積乱雲と間違い呼ばれがちです。真夏の上昇気流で一気に膨れ上がるあの姿は雄大積雲。積乱雲は丁頭部がなだらかな水平に近い発達の仕方をしています。これは雄大積雲が成長のピークに達して、対流圏界面に届き、それ以上の上空へ盛り上がることができず、横に広がるためだそうです。いわゆるかなとこ雲がそれです。この日見た雲は入道雲でも何でもなく、と言ってしまってはみもふたも無いので、まだエネルギーが足りないのよとお茶を濁します。

 

 

常用ウルトラマンタロウ?

4 Comments »

と言いながら、どう考えたって左の方に注目しちゃうよね。

三浦海岸花盛り

三浦海岸花盛り はコメントを受け付けていません

という便りが、なぜか霙から送られてきたのですが、一瞬、前方を走っているのがヤマタノオジロにも見えてしまい、あいつらいつの間にオフ会やっていた? と勘違いしかけました。どうも和邇お嬢妹の撮影のようです。

菜の花と河津桜と青空のコントラストに、蓮田さんのオレンジが良い感じで映えております。あー、花見の季節が近づいているなあ。

赫奕すぎる異端

赫奕すぎる異端 はコメントを受け付けていません

稲城市の丘の上の方で仕事ができたので、これはあれだ、あの時の雪辱ができるぞと勇んで出かけたのです。

が・・・

なんだこれはーっ!

これじゃブルーティッシュドッグみたいじゃないか! なんだってこんな照明で照らしてやがるんだ?

というもやもやに駆られて、仕事が済んでからもう一度立ち寄りましたよ。いつからかレッドショルダーになっていたんですが、この肩を赤く塗っちゃうってのも気に入らないんだよね。