Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

104号はちょっと多いぞ

No Comments »

TDAリポートではウエストウインのダブルエスクードが爆走し、コラム・ジムニーロードではエスクード開発史の「そこ初めて聞くよ」というエピソードが語られ、HANGARの高田社長に至っては「速いESCUDO作ります」などと広告打つし、細々と続くながらもエスクードのページ連載は52回めを数えたスーパースージー104号は、つまり10年に一度の千載一遇(なんかよくわからん表現)な巡り合わせという構成になっています。その大盤振る舞い(笑)となるのが、巻末近くで突如出てくる「祝」文字付の4ページ企画。

本年5月がエスクード誕生30年の節目となるため(とリード文に唱っているのにジムニーロードでは4月と書いちゃうんだからもう・・・)、01Rを主役とした4輪駆動車としてのエスクード解説を掲載しております。なんだよ要するに雷蔵のやつが圧力かけたんだろうよと言われても構いませんが、周年であろうが圧力であろうが記録としてエスクードの記事を載せていくことに手段は選びません(いやそこまで言ってない)。ですから4ページのうち1ページ分ではありますが、4代にわたるエスクードの変遷も、ちゃんと扱ってもらえています。

それにしても、こういうときってやっぱりRなんだなあと思わされるわけです。コンバーチブルというスタイルと4輪駆動車とのマッチングとは、僕の中では必ずしもベストとは考えられない。鉄板の屋根に防護されてなんぼの世界(元をたどっての軍用車=ジープの話)だと感じてきたし、進駐軍が乗っているジープなんか見たことない世代ですから尚更です。それでも、こういうカタチに憧れの意識があるからってのも間違いないなと納得するし、01Rを持ってたからこそ企画も成立したということでしょう。

 

Leave a Reply