Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

理不尽の戦役

理不尽の戦役 はコメントを受け付けていません。

今頃何言ってんのさと思われちゃいますが、映画館に行ってる余裕などなかったのでソフトの力に頼って「ルウム会戦」をようやく観たわけです。物語はもうORIGINが描いているストーリーが予定調和で進むだけですから置いといて、歳くったおぢさんが今さら観る機動戦士ガンダムというよりロボットアニメは、こんなはずではなかったんじゃないのか? に尽きるものです。リアルな世界観、リアルな描写、そういったガンダムならではのエッセンスも、次第に煙たくなっていたのです。

とか言っても所詮は絵空事の話なんですが、絵空事だけに描きなおされた人々が戦争という理不尽に翻弄されていく様を見せつけられるのは、戦後の人間でも辛いわきついわで、太平洋戦争知らなくても傷痍軍人を見たことのある僕には、やがて死にゆくことがわかっている登場人物たちが不憫でなりません。サイド2の若い男女なんて見てられません。なんだってこんなにも、ロボットアニメにかかわらずヒーローものというのは戦争や殲滅とセットになっちゃったんだろ?

誰でもいいから「戦争をやらない」「敵がいない」「そうも言ってられないなら宇宙災害とかに立ち向かう」機動戦士ガンダムを作ってほしい・・・

 

などと言ってたら今朝方、久しく会っていないエスクード仲間が40代半ばで急逝されたとの報。理不尽でやりきれない思いは現実の世界ではもっと容赦ないです。ご冥福をお祈りします。

Comments are closed.