Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

明白な事実ほど誤られやすいものはないよ

4 Comments »

BS11にて再放送が始まっている「名探偵ホームズ」が、そろそろ今日あたり、片渕須直さんが脚本を書き、宮崎駿さんが監督した『青い紅玉』の放送にさしかかるはずです。同作品はもともと、イタリア国営放送局が発注した同国の会社から日本のアニメ制作会社がさらに下請け受注して作られたもので、日本では先行制作された2話分が劇場公開の形をとり、後に民放で26話が放送されました。なんでそういう変則的なことになっていたかはいろいろあるんですが、本題と関係ないので省略。

本題の「青い紅玉(ルビー)」は、コナン・ドイルの原作とは物語の展開が異なり、偶然それを手に入れてしまった少女を拉致しようとするモリアーティ教授から、ホームズが守り抜く快活でわかりやすい脚本。しかもシリーズ全般、登場人物が犬などの擬人化という実に先取りな設定。中年親父と少女という組み合わせはいかにも宮崎さんが好きそうな話で、後年「この世界の片隅に」を世に送り出すことになる片渕さんが書いているところがツボです。

モリアーティとの第1ラウンドを終えて少女を救い出したホームズは、彼女をベーカー街の自宅にかくまうわけですが、このとき少女はホームズのベッドで

「たばこのにおいがする」

「パパのベッドもそうだった」

とつぶやき、本能的にホームズが信頼に足る人物であることを確信します。少女は日頃、街頭でスリを働く浮浪児なので、人一倍猜疑心が強い(はずだ)から、このシーンは地味ながらちょっと大事な場面になるのです。

お父さんと同じにおいとは、ヘビースモーカーであるホームズが愛用しているパイプ煙草のけむりが染みついた部屋と寝具のにおい。あぁなんというおおらかな19世紀であることか。そして受動喫煙のじの字も語られはしない20世紀のアニメーション!

↑そこを言いたかったんだい

はてさて21世紀の現代、名探偵ホームズ自体はCS放送もあわせて何度目かの再放送になるのですが、いまこれを視聴する人の中には「ホームズだって女児連れ込み」だとか「受動喫煙許すまじ」とか言い出すんでしょうか。もしそうだとしたらこの番組そのものがもう、「子供に見せられね」のレッテル貼られかねない。

 

 

4 Responses

何だか懐かしい絵が…
昔ちょこっと見てましたねー、
もっぱらこの絵の書き方で思い出深いのは「モンタナ」の方でした。
何せ最初に憧れた飛行機ですからねー

  • あー、そういったアプローチから見ていた人もいらっしゃるんですね。
    飛行機が意外に多く出てくる小道具になっていましたが、そこから後に「豚の空中戦」に行くわけですから、作り手の趣味の世界ですね。

  • ルビーが青かったらサファイアなのだったりするんだなコレが(広川さん風に)

    とは、劇場版がナウシカと併映された当時からの常套句ですが、和邇家には四半世紀前からVHSの全巻セットが3組あり、娘たちはテープが摩りきれるまで観て、完璧に刷り込まれております。つい最近3組目を開封したのですが、娘2号にいたっては殆どのセリフを暗記していました。脳内メモリー容量の大部分を費やしてしまったようで、道理でお勉強の方がサッパリだったんですな(笑)

  • えっ、「カリオストロの城」の頃のビデオカセットが三万円くらいしていた時代で、「ホームズ」って全巻そろえるといくらしたんですか?
    それ三セットですか! ってところに話題を持って行かれたわ。

    だれか喫煙者に生暖かい言葉をかけてくれんかなあ。