Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

そして五年が過ぎる

4 Comments »

2012年の夏、アピオの敷地に打ち捨てられていた(わけではないのですが)1型のコンバーチブルは、その後尾上茂さんの手で修復され保管されています。

もう野次馬根性で見に行きたかったのだけれど、その後尾上さんご自身が病気療養に入っていたこともあり、時期を逸していましたが、ようやくアポイントが取れて現物を拝見する機会に恵まれました。

オフィスで概略を伺ってから、尾上さんのTD94Wに乗せていただき、保管場所まで移動。あるわあるわのホープ・・・とかLJ・・・とか、えっ、これどこの国の?というジムニーにまぎれて、コンバーチブルは見事にきれいな状態へと生まれ変わっていました。

「ボロボロだったやつがイメージ通りの姿に戻っていくプロセスはほんとに楽しいね。これやりながらオーストラリアンサファリやダカールラリーのことを思い出したよ」

で、ほんとは表に引っ張り出してうちのと並べたかったのですが露出できるのはここまででして、2時間分のインタビューはまだ起こしておりません。

「来春には皆さんにご覧いただけるようにしたいね。はりきって仕掛けを準備しますよ」

いやー提案してみるものです。お台場のガンダムUCなんか目じゃないぞ。

 

 

4 Responses

実物見たら泣く気がします。

  • 来年春、よりも前倒しできそうな雰囲気ですよ。
    これだけでも感涙ですが、こちらの提案を実行に移してくれて、実現したら気絶するかもしれないですよ。

  • 白い01Rが蘇っただけで感涙ものなのにこれ以上何があるのだろう。うーん、早く見たい。

  • 動きがあれば8月以降。
    なければまるぼしのリクエストになっちゃいますけどね(笑)