Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

妖怪ふたたび

2 Comments »

あ、ぶれちゃった

敷物に同化するでん。
どこまでが〝身〟で、どこからが〝模様〟なのか判らん(汗)

しかし。どうして君はへそ天で寝るかなぁ・・・

極光との再会

極光との再会 はコメントを受け付けていません。

古書店で偶然にも「オーロラ 瑠璃色のシンフォニー」という写真集を見つけました。これを撮ったのは内野詩織さんという写真家で、18年前の2月にカナダのイエローナイフに渡航し、7年ほど彼の地に滞在していた人です。古参のエスクード乗りには「ああ、あの人」とおわかりになるであろう彼女は当時、現地で1800ccの直四エンジンを搭載したスズキサイドキックに乗っていました。ユーコン紀行7500kmなどを走り、その帰路2000kmはギアトラブルのまま帰還したという逸話をお持ちです。

現在は日本に帰国しており山岳写真家と一児の母を兼任しているそうですが、写真集は2010年11月に出版したもの。僕に転勤の話が出たどたばたの頃で、失礼ながら出版自体を知りませんでした。今回手に入れたものは、奇しくも初版(こういうのが重版されているかどうかは不明ですが)

うーむ、アフリカの滝田明日香さんといい彼女といい、こんなに有名な人になるなら、出版時に購入してサインの一つももらっておけばよかったよと不謹慎発言をする僕ですが、まだサイドキックが現役だった頃に、つくばーどサイト上でウェブのリポートを書いていただけたのは幸運でした。

この写真集はオーロラの空と森と町が主役ですから、ひょっとして?と期待したサイドキックとオーロラのページは・・・ありません。が、巻末のエッセイには挿絵として1カット、サイドキックの後ろ姿が掲載されていました。

そしたらなんと、昨年末にモーターマガジン社から2018年版オーロラカレンダーというのを発行されていたそうで、そのなかにサイドキックの風景もあったらしい。

今頃それを知っても既に品切れ・・・