Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

また来年。

1 Comment »

飛行機雲。

いつもより長くは咲いていたと思うけど、散り始めたら早いね。
近所の桜はすっかり若葉色になりました。

そんなんで。
今年撮った数少ない桜の中で、一番気に入った一枚。

ダカールエディション

ダカールエディション はコメントを受け付けていません。

尾上茂さんのご自宅で拝見した、TD11Wベースのラリー車ミニカー。尾上さんによると98年のパリ-グラナダ-ダカールラリースタート時に、フランス人のファンの人がパリに持ってきてくれた自作のプレゼントで、当時ヨーロッパで流通していたキットに自作のステッカーを張り付けるなどして仕上げたものだそうです。ラベルを見ると1997年仕様。つまり尾上さんが初めて出走したダカール-アガデス-ダカールを走ったエスクードです。

あれっ? ということは、エスクード誕生25周年のウェブ企画で対談していただいた時の「最初はテンロク4気筒で参加し途中でV6にスイッチした」という尾上さんの記憶が間違っていたようです。この頃、オーストラリアンサファリにもエスクードを出していましたから、車両が混同してしまったのかもしれません。

それで僕自身も記憶を整理すると、先代らすかるにロードウインの足回りを組んでいただいた99年の夏に、アピオ店舗の裏手に廃棄されたこの車両を見た覚えがあります。それは確かに11Wでした。ダカール戦の後、98年にチュニジアラリーにも持ち込んだ車両で、廃棄状態はさほど悪くなかったものの、エンジンフードなどはゆがんでしまってなるほど廃棄だよねとおもわれましたが、この個体はその後、ピックアップトラックに再改造され話題となり、一時休眠をはさんで現役で走っています。

余談ですが、ミニカーの方もプレゼントされた時点ではフロントガード類が付いていたことが、尾上さんのブログで確認できます。

2005年まで合計9回出走した記録というのは、ワークス勢だった三菱やいすゞ、トヨタや日産と異なりプライベーターとしての戦歴ゆえ、ダカールラリーの日本事務局にさえほとんど残されていません。なにしろ初代モデルでの参戦はすべてリタイアでした。別の視点で見ると、完走したエスクードは大半が2代目ベース(エンジンは他所のユニット)というところが、2代目ユーザーさんにとってエポックになると思えます。こうしたミッシングリンクを埋めていけたら面白いでしょう。