Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

小京都エスクード紀行 青影さんの観察4

小京都エスクード紀行 青影さんの観察4 はコメントを受け付けていません。

第27作(2000年) 「奥州三代嫁姑殺人事件」
岩手平泉 遠野 33「わ」のみ確認 V6スペシャル

※これが出てくるとは! それで雷蔵憶測なんですが、僕はこの劇中車に使用された個体そのものを、盛岡市内で何度も見かけたことがあります。察するに元は個人所有を借り受けパターンな気がします。

第28作(2000年) 「長崎ビードロ殺人事件」
長崎島原 長崎33「わ」TL52W
ワゴンR共演

※こちらも後期型に移行した直後の登場。「5ドアワイド」と呼ばれています。

 

第29作(2001年) 「郡上おどり殺人事件」
岐阜郡上八幡 TD62W(バックドアにV6らしきエンブレム)

※場所柄、上のシルキーシルバーメタリックとは別の個体です。タイヤカバーデザインも異なりました。

 

これ「2代目後編」にて青影さんの小京都エスクードクロニクルは完結です。第29作の放送が2001年1月だそうですから、年次的にグランドエスクードの登用は間に合わなかったんですね。しかしこれを言ったら身も蓋もありませんが、この二人のそばには近づくもんじゃありませんというほど、行く先々で事件に巻き込まれすぎ。

ともあれシリーズ後半のほとんどを支えていたという「お手柄、お手柄」なバイプレーヤーたるエスクードでした。なんで最後の第30作を飾れなかったかと言えば、その回だけエジプトロケ! って、それもはや小京都じゃないじゃん(笑)

青影さん、30作もの調査ありがとうございました。ひょっとするとドラマに登場していたエスクードの半分以上を網羅できたのかもしれません。2時間ドラマですから女王と帝王の掛け合いだとか事件だとか犯人の葛藤だとかをとても見てられない僕でしたが、エスクードの登場シーンだけ抽出してもらえるという楽をさせていただきました。