Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

謎のウルトラマン

2 Comments »

これは地雷を踏むような話ですが、あくまで邪説な異説の仮説として流していただきたいお話。曰く「初代ウルトラマン」より先に地球に来ちゃってたんじゃないか?と思われる「帰ってきたウルトラマン」というサブカルチャー的疑問をどう整合するか。背景を細かく展開するのはめんどくさいので「近未来を描いていたウルトラマン」に対して、「帰ってきた~」は極めて明確に1970年代を舞台としていたという、物語の構成上生ずるパラドックスが素材です。そしたら初代とジャックこと新マンの序列は入れ替わるではないかと。

実はそれがパラドックスとして介在しても、初代ウルトラマンはそのまま初代として名乗ることができる理屈があります。その邪説で異説な仮説の根拠となるのが、幻の都バラージの神殿に祭られていた「ノアの神像」でした。これがどなたなのかはやはり不明瞭なのですが、物語としては初代自身でありましょう。つまりウルトラマンさんはジャックさんより5000年も前に地球に来ており、ベムラーを取り逃がしたときこそが「帰ってきたとき」だったのではないか。これにより彼は立派に初代ウルトラマンと呼べるのです。

いやいや、バラージの人々、彼をそう呼んでいないし、ウルトラマンと名付けたのは科学特捜隊のハヤタ隊員・・・ と今まで思っていたのですが、これが定説だとするとセブン以外の多くのウルトラの星の面々がことごとくウルトラマンを名乗っていることが腑に落ちなくなります。ウルトラマンと云う呼称はもともと彼らのものだと考えた方が筋が通りやすい。で、自らそう名乗ったのが、誰あろう後のジャックさん。地球飛来の後タッコングを追いやり、郷秀樹の亡骸に対して語っています。

この仮説にはまだ沢山の穴があります。その前に、初代がベムラーを追ってきたときより前に地球に来たらしいジャックさんの件について述べると、ウルトラの星から派遣される地球年代は任意に選択できるのではないか。初代が地球にとどまる21世紀以前の80年代、星間侵略戦争に太陽系が巻き込まれた頃既にセブンが来ています。怪獣出現や宇宙人来襲のきっかけとなる時間軸的な特異点をウルトラの星が調査した結果、1970年代らしいとされ、ジャックさんが初代よりもあとに、初代より昔の日本にやって来たのではないか。

これならばジャックさんを救出にハヤタ、モロボシがそろい踏みしても違和感が無くなるのですが、この仮説の問題は、番組があとから作られているだけに「帰ってきたウルトラマン」の中にちりばめられた情報量に層が出来上がっていることです。その最たるパラドックスが、ジャックさんが戦ってしまった2代目のゼットン。初代とジャックさん同士の対話は、それぞれの地球滞在年代がずれていても初代が先に戦っているから問題ありませんが、MATの伊吹隊長がゼットンについて知っているというところが、まだ越えられない壁となっています。

同様に、地球時間では年代的に後になって地球防衛軍が「新火薬」として実験しようとするスパイナーが、MAT所属の国際連合機構では実戦配備されているし、民間人の子供ですらバルタン星人(ジュニア)を知っていることがさらに分厚い壁。バルタン自身はいくらでも出てくる好敵手なので、生き残りが過去にタイムリープしてきたのだと言い逃れしたかったのですが・・・ しかしこういった邪説の異説の仮説も「ウルトラマンメビウス」においてかなり大統合されたそうなので、あまり意味が無いのかもしれません。