Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

T ~tokimeku joshi~ J

8 Comments »

今回の福岡滞在をアシストしてくださった彼女を取り上げるにあたって、便宜上こちらで勝手に「TJさん」とお呼びすることにします。彼女もまた、ウエストウインに出入りするライダーかつ四駆乗りです。

って書くと島さんあたりはにやにやしながら

「なんば言っとるんばい。僕や後藤や川添なんかいつでん本名で書いてるんやけん、そんままでよかやなかやろか」

と言ってくる気がしますが、まあTJに乗っていらっしゃるのでそのままと言えばそのままの命名です。

直6の4リッターを手足のように扱います。福岡市内の交通混雑をすいすいとすり抜け、呼子や唐津の路地裏にもいとも容易く入っていきます。車を使わない日はカワサキのネイキッドな大型に乗っているそうです。

子育てを卒業してからしばらく経ち、四駆に乗りたいという昔からの願望を実現させたのがこのTJ。息子さんが推薦してくれたそうです。ご自身も子供のころから三菱のジープを運転したかったのだとか。

島さんが「彼女は才女とよ」←もういいよ博多弁コンバーター と紹介する通り、井戸端話題から福岡、佐賀の歴史文化ガイダンスまで丁寧に繰り広げます。前夜、日付が変わるまで宴会にお付き合いしてくださり、翌早朝、ウエストウインのミーティングが佳境になるまでのインターバルとして、呼子や唐津を案内に迎えに来てくださるというタフネスさも兼ね備えています。

福岡と呼子。驚くほどの距離ではないよ。でも彼女は最初に「阿蘇あたりまで行って帰ってくるくらいは時間的にできますよ」と言ったほどです。どちらもできなくはないけど、やってみればわかる。

そのような次第で、彼女推薦の佐賀行きは後日。

それにしても、名付けといていっぺんも使ってないじゃん。と突っ込みが入りそうなオチですが、そこはオチではない。彼女が2代目のジープ・ラングラーに乗っている、というところが絶妙だったのです。tasteful、tender、tough、tranquil・・・といろいろTの部分を考えたのです。それらではなかなかしっくり来ないので、日本語をローマ字化したのですが、TJ(2代目)だったからこれがまかり通るのです。

3代目だったらまずダメです。なんでかって・・・それはさぁ、書けねーよ。

ではちょっくら行ってきます

2 Comments »

夕方までにはウエストウインにたどり着く予定です。

明日のブログはお留守番記事となります。

てなわけで搭乗待ちですが、キャノピーなかなか開かないんだよなー。

ひと足先に三十年なのだが・・・

4 Comments »

あ、電車がいないよ

かつて国電と呼ばれていた「国鉄(近郊区間の)電車」が『E電』と名付けられた日から、いつのまにか30年めです。廃止されたという話も聞きませんが、まるで受け入れられず定着もせず死語化してしまいました。E電というのはEast、Electric、Enjoy、Energyなどの意味が込められた造語。しかし大半の意見は「ERRORのE」というマイナスイメージから敬遠されたというものだったそうです。E電というのは公募によって集められた候補の第20位。じゃあ第1位が何だったかと言えば『民電』、さらに2位「首都電」、3位「東鉄」、4位「日電」、5位「民鉄」と、どれもこれもなんともというラインナップでした。

 

Eという文字にERRORをかぶせていったのはマスメディアの反応だったような気もしますが、上位の候補よりも多少はマシにも思えます。でも、後に高速道路で普及するETCにおいても国土交通省で愛称コンテストが行われ、イーテックという愛称が付きましたが、まあ同じ末路を辿っています。実に内輪の話ですが、ESCLEV というサイトネームを決定する際、E‐den(エデン)というのが候補になったことがあり、やはり「斜に構えすぎだ、やめれっ」と一蹴されましたっけ。

そうですか、Eってイメージ良くないんですか。そうは言われてもESCUDOの綴りを今さら変えることもできませんよ。

それで感じることですが、エスクードという単語についても、よく言われたのがエクシード、エクスードと混同されやすい、実際間違える人もある。後年嫌がらせのようにエクシーガなんてのも出てくるし紛らわしいというものでしたが、これらってふつう間違えるか? 間違えて覚えこむのってよほどの馬鹿じゃないのか? と。

Eにこだわってくれる人もいます。「E計画」(どこかのアニメと混同される)→「E‐ACT」(だけどエスクード限定のミーティングじゃないし)→「ENCOUNTER」とか。

「でもねー、ある一定世代より上の人に言わせたら、エスクードもランクルもサファリもみんな『ジープ』ですからねえ」

などと言われながら前途多難のまま、エスクードのEは、来年が30周年。

 

やませの前のひととき

No Comments »

春と初夏の間に、一呼吸の季節があるのが東北地方。

連休おわっちっゃた(昨日から仕事してますからね)ので、黙々と復興のその先のことに少しだけかかわりながら過ごしていきます。

 

 

そのうち親を越えていく

4 Comments »

20年前には自分がやっていた(まあ今でもやってますね)作業を娘がやるようになるとは。

個体は変わっていますが構造は同じですから、手順も内容も変わらないのです。これはあれですかね、いっぺんTETSUJINにお願いして足回りの交換も伝授した方がいい?

ところでテールランプの電球切れは初めて。26年も使用できていたのがすごいわ。

とか言ってたら翌週、基地の冬場の生命線でもある茶の間の炬燵が、ヒーターの寿命らしく通電しなくなり、ちょうど上空に寒気団の戻りが来て家内が家じゅう探し回って湯たんぽを急場しのぎにする展開に(いずれも先月の話)

これはいかんと家電店にヒーター部分を買に行ってきましたが、今度はフレームとヒーターを固定するねじ穴の位置がまったく合わない。取り外したヒーターの補助ステーを介して新たにねじ穴を切るしかないなと考えていたら、霙は同じことを思いついたらしく

「お父さん、ここに新しく穴を開けるにはどうすればいいですかね」

おお、なんかお前頼もしいじゃん!

 

それさえもおそらくは平穏・・・でもなさそうな日

それさえもおそらくは平穏・・・でもなさそうな日 はコメントを受け付けていません。

花粉の猛攻に果敢に挑む霙。自ら行動開始しているのがうれしくもありがたいことです。

が、このあと彼女は

「ななな、なんだこれわっ」

と叫んで左フロントフェンダー先端をのぞき込むのです。

「おねーちゃん、なんてことしてくれてんのよっ」

霙が大学に出かけている間、霰が所用でぷらすBLUEを動かしたらしいのですが、ばりばりのひっかき傷が刻まれておりましたよ。

「ごめーん。道路に出るとき門扉に当てちゃってさー。戻そうとしたら柊にこう・・・」

このあと数分妹の説教をうける姉の図は、まあ情けをかけて撮影しておりません。

あーもう・・・庭で藪漕ぎなんかするなよぉ・・・

 

 

流星おちる果て

4 Comments »

「旦さんの幌車だって22万キロで現役じゃないのさ。らすかるだって何度起死回生したのよ。エンジン探してください」

し、正気かお前っ。スズキと日産のメーカー規模という論点を抱えているらしいけど、それこそエスクードとサニーとの違いがこれなんだよ。エスクードって伊達にクロカン四駆のはしくれじゃないのよ。

という説得は一刀両断されまして。当然ですが、16日のミーティングのために借り受けた4代目エスクードなどには目もくれません。

メーカー保証のリビルド品を見積もってもらったら、QG15DE単体で30万円ですって。付属部品と載せ替え工賃加算したら、同年式のサニーが丸ごと買えるわ。しかも、同年式を最終年次モデルまで引っ張れるし、丸ごとどころかおつりがくる。ただ、同年式で2003年、国内最終モデルでも2004年ものです。リビルド品同様、そんな古い車をわざわざ探すこと自体不毛・・・

「四の五の言わない。エンジン直せないなら道は一つです」

どうする? 我が家の決断・・・

白刃の敵中突破

6 Comments »

日産自動車創業70周年記念モデル。というやつを2年落ち9000キロものとして購入した家内のサニーも、遂に力尽きました。考えられる方法でいろいろと修理と調整を施したもののエンジン警告灯の明滅が「明」のままとなり、ヘッドを開けてもらったらガスケットは粉砕、クラック発生によってクーラントも浸入、さらに解析したら

「ブロック歪んじゃってますね」←主治医

なにしろこれも220000キロ選手です。まあまあ「日頃どういう運転してやがった?」とも言えない年数を走らせてきたので、こればかりはねえ・・・ってことで、亭主は実に誠実に、邪に(笑)乗り換えを薦めたのですよ。この機に乗じて廃版となるエスクード2・4だとか、それが間に合わなければ4代目とかね。

「あたしはセダンじゃなきゃ嫌なんだってば」

はい、すいません。それじゃあどうすればいいでしょう?

こんな感じの家族会議の末、家内からの下知は世にも恐ろしい結論。

 

どうなる? 我が家の屋台骨・・・

天変地異

天変地異 はコメントを受け付けていません。

なんとしたことか、基地の車両がことごとく他社に塗り替えられていく!

どうすんだよ今週末・・・

 

小型車四駆に乗る

4 Comments »

ピレリのスタッドレス履いてる!

全長3m75で全幅1m51。なのにいざというときは7人乗り(まあ荷物を積むのは無理となります)。フルタイム四駆で1300cc。ホイールサイズ14インチでノーマル車体なのに車高を上げたBLUEらすかるより座席が高いなど、ここんとこ時々話にのぼるこれからの小型車の四駆に匹敵するスペック!

でも・・・よりによって運転席の足元が狭すぎ!

タイヤハウスがせり出していて、フラットな状態で右足をアクセルペダルに乗せられないとは(笑) 真面目な話、これを使っている人々はよくペダルを踏み間違えないなあと感動すらします。

フジ・オートの渡辺代表をも巻き込んで、地味ながらリアルな4月1日のブログを用意したのに、誰もそっちに関しては突っ込みを入れてくれないばかりか、空気を読んでくれない知人に至っては「何日入庫するんですか?」と無慈悲にメールをよこすなど、ことしのエイプリルフールは自分的には大敗を喫しました。

その間、代車として借り受けていた小型の四駆に乗ってみて思うことは、やっぱりエスクードのディメンションは絶妙なんだよということでした。