Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

小京都エスクード紀行 青影さんの観察3

No Comments »

第22作(1998年) 「津軽弘前殺人事件」
青森弘前 青森55「わ」TD52W?フルメッキパーツオプション。
ドアハンドルが黒なんでTD02か?登場多し。

※仕様から考えると52Wの方ではないかと・・・

 

第23作(1998年) 「水郷柳川殺人事件」
福岡甘木市秋月 久留米?57か TD52W?ドアハンドル黒。これもメッキオプション多数。珍しくメイン二人以外の登場人物使用、丸川水産の社名入り車体。
エンドロールに初めてスズキの文字。
ロケ協力、株式会社スズキ自販福岡柳川営業所とスズキカルタス福岡。
※こちらはなんとなく02Wのような気がしますね。

第24作(1998年) 「吉備津鳴釜殺人事件」
岡山津山高梁 岡山33「わ」ナローボディーなのに濃紺なのでTD52W?
エンドロールロケ協力 スズキ岡山販売株式会社
カルタスワゴン共演

※2代目初期モデルは車体が1600、2000とも供用で識別しにくいです。

第25作(1999年) 「越中落人伝説殺人事件」
富山平村上平村城端 ナンバー読めず。鉄ちんにドア黒ハンドルTD02Wか52?
撮影協力 スズキカルタス富山

※スタッドレス用に回されていたスチールホイルということか?

 

第26作(1999年) 「豊後一子相伝殺人事件」
大分日田 大分58「わ」 ドアミラーがボディー同色濃緑なのでTD52W?
以降エンドロールにスズキ無し

※これは52Wのようですね。

 

というわけで「2代目前編」でした。ほんとにこの世代は排気量を見極めるのが難しいです。2代目にもショートモデルは存在しましたが、劇中車はすっかり5ドアで固められています。2代目東条直後のこの頃だと、メーカーなりディーラーなりのタイアップ協力が得やすかったのかもしれません。次回も2代目まとめです。活躍しています。

思い返せば・・・

2 Comments »

平成元年から・・・今思えばなんで昭和六十三年から乗り出さなかったのかと画竜点睛欠いているエスクード歴(まあデビュー当時は言いたい放題けなしてましたから)の中で、初代モデルばかり乗り継いでいながら、唯一直四で2000のエンジンにだけ触れていません。

それでいいのか? という気持ちは、もちろん無いわけではありません。しかしこれ(51系)に「〇〇らすかる」と名付けられるかどうかがまた微妙に揺れる心情・・・

思い立ったが・・・

No Comments »

51系と同世代で販売期間も同じであれば、圧倒的に出荷台数は少ないはずの61W。2500ccを探すのであれば、実は2代目のV6の方が販売期間は長いのです。

「そろそろ先のことを考えなくちゃいけないでしょう?」

と、中々強く諭されたのが、昨年の忘年会のこと。これはけっこうずしりと来ました。

確かにFRと四駆の切り替えに拘ってのことなら、最後のロットに乗ってくる(かもしれない)51系であるとか、2代目の62Wに移行する機会かもしれないし、ローレンジを使えるという選択肢でもTDA4Wがいよいよ生産と販売終了となるそうですから、この先長く乗ろうということなら、考え時なのかもしれません。

 

そろそろ最終型も20年

No Comments »

自分の周りでV6の2000に乗る人がめっきり少なくなったと思う半面、直4の2000を呼び覚ます人がちらほらと現れ、齢29年というエスクード全体の時間軸の中で、初代モデルをそれぞれの評価で手元に置こうとしてくれる流れがあるのにはほろりとさせられます。

いかに直4‐2000のエスクードが初代最後の主力だったとはいえ、最終ロットからはことしで20年になるのです。

実はこれらTA51WやTD51Wは、実質的な販売期間で言えばV6の11Wシリーズよりも短命だったのです。そして2000ccというカテゴリーで売れ筋となったのがどっちだったのかと考えると、それはTD11W、ノマドであったはず。そのV6ノマドが続々と退役している現在、3ドア、5ドアの直4‐2000が現役を継続できるとしても、タマ数の上では非常に少ないのではないかと思われます。

この先、初代に乗り続ける人々には二通りの覚悟が必要。期間を区切ってそのときまでと割り切るか、修理不能となるまでなんぼでも修理に投資する。どちらを選ぶかは誰にも強要できないことなのですが、もう初代モデルはテンロクから2500まですべて、そういう(つまり後者)気概で所有しなくてはならない骨董品なのです。

で、そういう脅しをかけてみながら振り返ってみると、うちのエスクードくらい酷使されまくっている個体もなかなか無いはずで、それがまあ絶対故障しないわけではないですが、あれだけ動いているわですから、普通に乗られる人々ならば、そんなに神経質にならなくても大丈夫なのでしょう。

 

老体を自覚しなさいよ

No Comments »

霙の運転は比較的丁寧なので、そこそこ安心して管理を任せることができますが、週末に僕自身の運転で綾瀬・厚木と出かけているうちに22万キロにリーチがかかってしまい、こういう瞬間だけは彼女に記録させるのは無理だろうと、裏山のもう二つ裏山まで撮影と距離調整に走らせました。しかしこの車体でロードウインコイルを組んでいるため、石系の凸凹はこの程度のルートでも負荷がかかりすぎます。

せめてもう少し軟めのコイルがあればいいんだけれど、僕の図体ではトライアルウインではあっという間にへたるだろうし・・・というより、こんな距離になったんだから、年式のことも考えて使わないとダメですね。

それにしても、夏タイヤに戻しはしたものの、デューラーAT694は濡れた石の下りだとグリップしないわ。

 

小京都エスクード紀行 青影さんの観察2

No Comments »

第17作(1996年) 「肥前蛍の里殺人事件」
佐賀伊万里を中心にカメラマン山本 克也(船越英一郎)ドライブ。これ以降は全て船越運転かと。こちらも助手席エアーバッグ無しからTD11Wかと思われます。
サンバイザーにビニールカバーから新車のようです。

※ということは年次的にもV6の2型?

第18作(1996年) 「加賀百万石殺人事件」
金沢加賀にて中古か個人所有らしきショックアブソーバの抜けたTA01W
石川「わ」ナンバー。
※オートエキスポ製ルーフキャリア付というのがきわめて珍しい個体

 

第19作(1997年) 「奥信濃殺人事件」
長野小布施松代から野尻湖 TA11w?「わ」ナンバー
JA12ジムニー再び共演。

※前回記事のディーゼルターボに対して、こちらはV6

 

第20作(1997年) 「肥後人吉殺人事件」
この作品で番組にエスクードが使われているのを発見したらしく途中からの録画でした。
そして後に私の愛車となるTD61Wのストライプ付という・・・

※青影さんのコメントの最期の部分がなんとも運命的

 

第21作(1997年) 「周防岩国殺人事件」
山口岩国柳井 山口33の「わ」ナンバーなんですが、61に鉄ホイールってありましたっけ? ワゴンR共演多し。

※第20作のTD61Wとは別の個体

 

以上が便宜的に「初代編」の一覧でした。どう考えてもTA01Wなどがレンタカー(劇中ではこれだけ各地に出かけているので当然、主人公はレンタカーを利用している設定ですが)にラインナップされていたとは思えません。

こういうのには詳しくないのですがこの当時、制作サイドは個人の車両を借り受け、提携しているレンタカー会社経由でナンバーを交換(登録も含め)し、撮影に使用したということなのでしょうか。劇中車・・・かな。ひとまずのときはそうではなかったような気もするのですが。

しかし番組の演出上緊迫感を出したいという意図なんでしょうけど、船越さんも片平さんも停車する際のブレーキのかけ方が雑すぎ(笑)

Team WESTWIN Warriors #107

6 Comments »

TDA2017年シーズン、本日第1戦の開幕となります。

さて直前情報

川添、後藤。ダブル不参戦

・・・・

な、なんじゃそりゃーっっっつ

小京都エスクード紀行 青影さんの観察1

No Comments »

以前、青影さんが綴っていたポタリングやバイクツーリングのブログの中で、民放番組のミステリーものに登場しているエスクードを観察した記事がありました。残念なことにそれを拝読している最中、このブログを提供していたプロバイダがサイト閉鎖してしまい、記事もろともそれらの情報は消えてしまったのですが、なんと青影さんは録画映像の中から再構築してリポートをまとめて下さました。

「エスクード登場は全30話中、16~29話です。
登場作以外は消去したので曖昧な記憶ですが、16以前の作品では公共交通機関中心で、14で自らドライブですがカローラ等の大衆車 でシーンはあっさりとしたものでした。
15のランティスでは走行シーンにこだわりを感じるようになりまして、エスクードからは車両自体も重要なアイテムになってます」

 
第16作(1996年) 「みちのく角館殺人事件」   
タイトル通り角館、田沢湖、盛岡などをTA31W岩手「わ」ナンバーでライター柏木尚子(片平なぎさ)ドライブ
JA11ジムニーも登場人物の車として出ますが、エンドロールにスズキ関係は一切ありません。

 

いやー・・・青影さんすげー。サスペンスとミステリー番組は見ていないので、エスクードがちらほら出ていることは知っていましたが、これほどたくさん扱われていて、しかもけっこう別の個体がそれぞれ現地で調達されていると思われる点がわかります。登場第一弾がディーゼルエンジンのエスクードだったというのも、なかなかのトリビアでした。

登場個体をすべて書ききれないので、以下次号。

わかっちゃいるけど責められない

4 Comments »

スーパースージー誌上にて連載の始まった次期ジムニーに対する「外部からの提言」。そこに描かれている「外部から提案されたデザイン」ですが、これを手掛けたのがスズキでデザイナーを務めた福永辰巳さんだというところに破壊力があります。

1300ccを想定した5ドアの「カラビニエリ」(イタリアの警察軍のこと)は、軍用テイストのスタディモデルです。

これを量販車テイストにアレンジしたものが、二階堂裕さんのコラム欄にも掲載されていて、所得の上がった現在のオーストラリアではジムニーがコンパクトすぎて不人気ゆえ、1300クラスの5ドアが必要と唱えられています。やはり福永さんの提案デザイン。

努々断っておきますが、次期モデルの決定稿などではありません。あくまで誌上提言のデザインです。

ジムニー雑誌なので、ジムニーの提言は至極当然のお話です。ビターラがSX4系統に行ってしまったのだから、まともに攻めようというならジムニーを使うしかないということもわかるわけです。

だけどさ、だから言ってきたじゃないのさ。

小型車の再考(前編)とか、同(ひとまず後編)とか。

どう見たってこれらの次期ジムニー提案は、エスクードノマドの再来なんですよ。そしてそれもまた当たり前の話で、初代エスクードそのものが、「ジムニーユーザーが次に乗りたくなる四駆」として企画されたものだったのですから、巷で言われているハスラーワイドなんて方向には向かわないのです(メーカーはそう考えていないかもしれませんけど)

そこで「カラビニエリ」。そこかしこにどこかで見たことのある別の四駆のラインが見え隠れしていて、意地でも「これはジムニーであってエスクードノマドじゃないんだよ」と主張したい感じでもあります。なんだかイグニスのデザインの考え方って気がします(福永さん、イグニスにもかかわっていますし)。「5ドアキャンバストップ」も、なんとなく同様。

素直にノマド再販した方が話が早いという声は・・・まあ届かないだろうな。ジムニーで充分に売れちゃうだろうから。

 

 

通らばリーチ

No Comments »

四代目エスクードの全幅が1775mm、三代目だと1810mm。昨年、cyber-Kさんに協力していただき、四代目のオフロード性能を試しに基地の裏山へ車両を持ち込んだ時のことでした。

その際のリポートはこちら

コースは程よく荒れた林道を上り、鋭角ターンしながら狭隘のヒルクライムをこなして、ALLGRIPはけっこう走るねえと稜線の向こう側の本線に出て下りはじめたところ、コーナーの入り口に杉の倒木が放置されているのでした。

いるのでした。って、知ってて連れて行ったんだけどね。

ロードクリアランスや対地アングル、サスペンションの動きも重要ですが、通れるか通れないかという前提もあるんだよねえという実験だったのですけど、さてここを三代目が通れるかどうかなのです。四代目はギリで抜けています。

ちなみにディスカバリー2だと1793mm ←なんか誘ってる